ゲームのはなし

2019年04月07日(日) 08:23

おはようございます。世間は桜が咲いたー!という感じですが、長野県は桜はまだで、10日頃に満開の予想だそうです。


さて、最近やっているゲームのはなしをしたいと思います。

すけとうだら・いすみさんが日記で、ソシャゲ課金で嫌な思いをした、というおはなしをなさっていました。私はソシャゲ、気になっているゲームはいくつもあるものの、携帯端末を頻繁に買い替えたり、気になったゲームはスピードがはやすぎてついていけなくなったりしていて、結局あまりできていないのが実情だったりもします。

新参やお金のない人に厳しいゲームは続かないだろうなというのが本音で、作っている側も「楽しいゲーム」じゃなくて「煽って稼げるゲーム」みたいな注文を出すメーカーとか会社もあると聞いています。ビジネスとしてはやっていかなくてはいけないので課金は必要な要素なんでしょうが、いいことではない気もします。


はーちゃん+さんが太鼓の達人で遊んでいたエントリーを書かれていましたが、程よく懐かしいゲームというのが今の時代にはちょうどいいのかなと思っています。太鼓の達人、私は打楽器をやっていた関係でうまかったんですが、あまり続きませんでした。肩を痛めているのもあったんでしょうね。


こんな時はえいご漬けとかあのあたりのゲームがいい感じだったりするのかななんて思ったり。DSならお金もかかりませんしね。そういえば私がレトロゲームを始めた最大の理由は秋葉原のスーパーポテトで安いことに感動したのがきっかけだったなーなんて思い出します。


さて、昔のゲームのはなしはこれくらいにして、最近やっているゲームでおすすめのゲームを紹介しますね。


1.艦隊これくしょん

艦これです。「どこで課金するんだろう...?」っていうくらいびっくりするくらいの親切設計で、課金の要素が見当たらないんですが、楽しく遊べています。結構新規のユーザーも参入してきていて活発なゲームな気がしますね。WEBのブラウザゲームという立ち位置ですが、Android版もあったりします。


定期的にオフラインでイベントを開いているようで、今度は横浜のシーパラでイベントがあるようなので行ってみようかなって思ったりしています。私はスケートのイベントが楽しそうだったので、はじめました。昔は都市伝説かーってくらい新規参入の難しいゲームでしたね。


2.あいりすミスティリア

オーガストというPCゲームのメーカーの最新作で、そろそろiPhoneでも遊べるようになるゲームです。ストーリーとバトルとに分かれていて、ストーリーをガシガシ進めるもよし、難しいバトルに挑むもよしの構成となっています。


この前「Augustic Memories」ってイベントに出たんですが、その時に周りの方がおっしゃっていたのは「ゲームをする余裕がない」ということでした。「疲れて寝ちゃう」っていうのはよくわかるところで、私もよふかししてゲームするくらいだったら早く寝たいと思う日が続いています。


あいミスと略すのですが、オーガストも課金に優しいメーカーで、お財布があまり寂しくなることなく、楽しくプレイしています。この二つのゲームは今の所無課金で遊べていますね。



3.ポケモンGo

外に出るゲーム、ということでポケモンGoも取り上げてみたいと思います。


結構友人とよくレアポケモンをゲットする機会があるんですが「外に出るいいきっかけ作りになる」と友人は言ってました。私の散歩のルートその2に結構ポケモンがいっぱい出てくる場所があるので、そこでよくゲットしたりしています。アイテムボックスがよくパンパンになるので、なんとか頑張ってポケモンを捕まえたりバトルをしたいところです。


なんでもTwitterとかを見ているとポケモンGoがきっかけで50km歩いたり、パチンコをやめたりする女性の方とかいらっしゃるようで。楽しいゲームっていうのはいいものだなと思ったりもします。



以上3つピックアップしてみました。いかがでしたか?

せっかくの息抜きのゲームなので、楽しく遊びたいよなーというのがやっぱりありますよね。

インプットと遊びを別で考えるとよいという意見も聞くので、みなさんも参考になさってみてください。


ではではー!

この記事へのコメント

  • すけとうだら・いすみ - 14日前

    こんにちは。
    近年ゲームとの付き合い方が難しくなったなと思います。SFCのソフトが1万円以上していた時期もそれなりにヤバかったとは思いますけど、今は取るに足らないゲームでも1万円以上使おうとすればすぐにできてしまうわけで、本当に怖いなと思いました。まあ、深刻な事態になる前に自分で気づけたという点では良かったと思いますし、成長したのかなと思います。
    今はまた自分でいろいろ調べて新しいゲームをやっていたりします。その辺もそのうちレビューを書きたいですね。お互いにいいゲームライフを送れることを願っています。

  • rana - 13日前

    すけとうだら・いすみさん

    コメントありがとうございます。

    ファンが高年齢化したことによって、レトロゲームも一定の嫌悪感を抱かれる時代になりましたよね。だから、古すぎるゲームもまた扱いが難しくなりました。今はスーパーポテトは日本人はほとんどいないようで、海外の人たちのターゲットになっちゃってるみたいで、旬はすぎたなと感じることが多いです。好きなだけに辛い思いもする瞬間ですよね。

    最近の若手はお年玉もらったらすぐにソシャゲのガチャ課金に使ってしまうような子供もいるようです。お金との付き合い方は難しいですね。価値観の多様化といえばそうなのかもしれませんがしっかりと自分を持たないと振り回されてきつい思いをしそうです。

    折角ですし、楽しいゲームライフを送っていきましょうね。ではでは。

  • はーちゃん+ - 13日前

    2008年ごろに5年間の東京生活に終止符を打って帰省後、8年目くらいに久々に東京に行く機会があって、秋葉原でお世話になったレトロゲームに行ってみたんです。
    しかし、活気のあった当時と違って店内もなんだかとても侘しくなっていて、店長によればほとんど外国人ばかりで、どんどんゲームも買い漁られて外国に流れてしまっているとかで……。行きつけだったゲーセンもお気に入りのゲームが跡形もなくなってたり、施設そのものがきえていたりとたったの数年で目に見える変化の波が押し寄せてきた感があって、とても寂しい気持ちになりました。

    今となってはお金も時間も限られてしまっている現状ですが、自分があこがれるレトロゲームを、ほんの少しでもこの手で触れたいという強い思いが今も自分の中でくすぶっている。
    一方で、いざ遊んでみると、「ああ、自分はもう大人になってしまったんだな……」と感じ入らされることのほうが多く、素直にのめりこめないことにも気づいてしまう自分がいたりして・・・・・なんとも複雑な気分です。

  • rana - 12日前

    私が始めてあのレトロゲームショップを訪れたのは2006年くらいだった気がします。窓の外からファミコンの音楽が流れてきていて、懐かしさのあまり立ち寄った記憶。当時はレトロゲームがメディアに取り上げられたりする前で、密かなブームという感じで、よく観光してくる方々に勧めていたのですが、今となっては...という感じですよね。メディアの取材が頻繁に入るようになり、秋葉原が海外層でも知名度があがり、国外流出が続き、すっかりなんかあの頃とは変わってしまったなという感じがします。寂しい変化ですね。

    以前、ゲームも作っていたことがあるおっちゃんに聞いたことがあったんですが、「あれはあれ、これはこれ」でやっていくといいと言っていました。過去は過去、今は今なんだなぁと。器用に割り切れる人間ならいいのかもしれませんが、そうもいかないですもんね。大好きなものだから譲りたくない部分というのは少なからずありますし。

    すっかりレトロもお金のかかる趣味になってしまったので、別の、ワクワクするものを見つけたほうがいいのかなと思ったりもしています。おそらくはタイミングの問題でしょうね。私はまいてつという(えっちな)ゲームのOPを見て艦これをはじめました。時代の変化と共に、若手が影響を受けているジャンルが変わっていて、ついていけてない自分に危機感を覚えたためです。今はニッチ産業が流行りですから、何か自分に「刺さる」ものがあると、いいと思うんですけどね。なかなか難しいもんです。