新しいステージに向けて

2018年07月11日(水) 18:19

こんにちは、すっかりご無沙汰しております。


音楽に関して一定の結論が出ました。ここでも報告してみようかなと。

まず、仕事として音楽の案件を請けるのをやめようと思っています。つまりは仕事を辞めるということですね。

幸いにも、音楽の仕事としてはアメリカ人との仕事が大きく成功したこともあってアートの分野では爪痕を残せたのかなと感じています。欲を言えばグラミーを受賞してそのままずっと作家というのも悪くなかったんでしょうけれど、さすがに贅沢な悩みというものですね。


音楽の仕事を切って、次の仕事に向けて動いているところです。

次の仕事=サイエンスの仕事になるんですが、簡単にいうと大学に復帰しようと考えています。

大学は単位と制度の都合もあって教授に一度退学を勧めていただいてやめた節がありました。

中退という立場なので「8年もいて中退したクズやろう」みたいな言われたかも散々にしましたし、2chで特定されるほど私を叩いていた人物もいましたので、華やかな音楽の舞台の裏側にはいつも闇があるものだなぁと思いました。


大学では心理学を専攻していました。

メインが実験心理学の畑ですから、カウンセリングとか臨床の世界はわからないのですが、実験の分野でも何か功績を残したいと思う気持ちが強くなり、音楽の仕事に区切りを入れる決心がつきました。

実験心理学って何をするの?って思われるかもしれませんが、実験畑の心理学も面白いものです。


私は社会心理学を専攻していたのですが、専攻の教授がガンで帰天された(他界というと仏教の用語ですが、クリスチャンの先生でしたのでこの表現が妥当かなと思う)のですが、その後も次の教授がなかなか決まらず、今は落ち着いているみたいだと聞いています。

アメリカに行くことを次の40までの目標にしているんですが、大学院生になると発表で海外も普通に行くチャンスがありそうですよね。楽しみです。


まずは、学部の卒業のための英語の試験対策というところからですが、その試験がまたとても難しいんですよね。ちょっとずつ頑張ろうと思います。

今後は「趣味」とか「息抜き」で音楽は細々とやっていけたらと思ってます。


どうぞセピゲーの皆さんもよろしくお願いしますです。

この記事へのコメント

  • はーちゃん+ - 2018年07月14日(土) 07:37

    私自身、音楽を仕事として身を立てられたらなあと思いつつ、いろいろあって結局夢かなわず、それでいて今でも未練を感じたりするのですが。仕事のつらさ、業界内部の重い部分、同業者との競争や争いなど……やはり華やかな表舞台だけを見ていてはわからないのですよね。

    ご決断に至るまでいろいろ葛藤されたと思いますが、前向きにお考えになられているようで、よかったです。お仕事として音楽に携わっていてつらいことやきついこともたくさんあったことでしょうが、その経験のどれもまた、決して無駄にはなりません。その経験を胸に、また新たなステップへ向けて、足跡を刻んでいってくださいね!(^^)/

  • rana - 2018年07月14日(土) 10:34

    はーちゃん+さん

    コメントありがとうございます。未だに癒えない傷というのもありまして、仕事はけじめをつけるべきだなと感じるようになりました。ゲームと人の命や人生だったら後者をとるべきだなと感じるのですが、そうではない人も世の中にはいるようで、私の理解できない世界というのはたくさんあるものんだなと感じました。あれはあれでそっとしておくことにしました。今後は音楽とは適度に距離を保ちながあやっていけたらと思っております。

    大学に復帰した後は大学院にという形になりそうですが、大学院は他大の国立大学を検討しています。日本の最高学府への憧れがずっとあって、もう10年以上前ですが、受験生の時に大きな失敗もしてますから、そういうことにも目を向けるべき時かなと思っています。

    なんでも、希望と執着というのは別の水準の欲求のようです。最近は執着からくる欲望で動いていましたから自分も希望になるものでワクワクする生活を取り戻さなくてはいけないと思います。

    あ、そうそう、音楽を仕事にするっていうことに関してですが、どんな形で夢が叶うかは人それぞれなので、諦めないのも大事かなと思います。私はあたりが大きかっただけです。本当に形は人それぞれなので。

    ではでは。ありがとうございました!また曲も投稿したいなぁ。