はじめての自力修理

2017年01月08日(日) 21:15

e728fcc519650c487a4ab028.JPG

数年前知り合いに頂いた初代ファントムを今も使用しているのですが、

数か月前から1つ鍵盤が鳴らなくなってしまっていました。

症状から、接触不良かゴムの経年劣化なのはほぼ間違いなかったのですが

変に分解して直らなかったら・・・と放置していました。


今日ふと思い立ち、軽い気持ちで自力修理に乗り出してみました。

30b6521eda1bfdbdf1e67a29.JPG

わぁお。複雑だぜ。でも思ってたよりかはマシかも。

ギターは何回か開けてましたが、キーボードは初めてです。

接点部分をキレイにしてやって元通りにして、いざ弾かん。


音が出る!音が出るヨ!これで譜面にG♯が出ても安心!

ご機嫌でキーボードを弾くのでした。ちゃんちゃん。

この記事へのコメント

  • フマぺろ - 2017年01月09日(月) 13:54

    とってぃーさん、こんにちは!

    おっ、ファントム!いいな、新しくて!
    私なんて、いまだにJDとかXPとか使ってるのにさ!
    でも、ローランドさんのシンセは、鳴りに安定感があって、
    用途別に集めたくなっちゃいますねー。

    って、スゴい!自分で修理!エンジニア(2回目)!
    私なんて、どうやって開けるかもわからないです。。。

    接点部分をキレイにってことは、
    ファミコンのカセットをキレイにする、
    「レトロゲーム復活剤」的なモノを使ったのかな?
    私、それだったら、人一倍上手に扱えるよ(たぶん)!

    無事にG#が鳴るようになってよかったです。
    これでまた、新曲制作に勤しむことができますね。
    とってぃーさんの次回作、みんなで待ってまーす!

  • とってぃー - 2017年01月09日(月) 17:26

    フマぺろさん、こんにちは!

    ファントムって結構古いのかと思ってたら、
    2001年でした。21世紀!(十分古いような)

    ネットで調べながら、後ろの蓋を外しただけですよ。
    専ら文系なもので、電気回路の故障だったらゲームオーバーでした。

    接点復活剤という手もありましたが、
    今回はなんと消しゴムと鉛筆だけなんですよね。
    接点部分のくすみを消しゴムで擦って、
    導電性をよくするために鉛筆でぬりぬりと。

    こんなことで直るのか?と半信半疑でしたが、
    無事音も出るようになって良かったです。
    何事もやってみるものですね!