模倣と個性

2018年10月06日(土) 16:50

自分が耳コピを始めてから長い年月が経ちました。なぜやろうと思ったのかというと、自分の創作の息抜きというのもあったのですが、何よりも他者の模倣をすることで技術を得たり、自分の個性を見つけられるのではないかと思ったからです。実際、出来たデータを見てみると、自分ならこうするだろうな、あるいはしないだろうな、という点が見えてきて勉強になるのです。必ずしも技巧を凝らせばいいものができるわけではない、ということが分かったのも大きな収穫でした。

自分が好きな曲の真似をしてみようと思うと、少ししか似ていなかったり、あるいはまったく別のものができてしまうこともあります。その時はあれ?と思うこともありますが、違う人間がやっているのだから当たり前といえば当たり前のことなのです。こうしたことの積み重ねで自分らしさが見えてくるんじゃないかと思います。だから、自分は他人の真似をすることが悪いことだとは思いません。

この記事へのコメント