前回のメガドライブ伝説では、メガドライブの魅力を伝えられなかったのが残念だったので今回は頑張ります。

自分は動画サイトでゲームのプレイ動画を見るのが好きなのですが、やはり感じるのは海外の人のメガドライブに対する愛情の強さですね。メガドライブで3Dグラフィックを扱うデモが結構あったりして、すごい可能性を秘めていたんだなと思わされます。メガドライブで3Dというと、カートリッジに特殊チップを積んだバーチャレーシングが思い起こされますが、68000の力をもってすればソフトウェアでも3Dを扱うことはできるらしいです。ならば32Xがなくてもメガドライブの延命は可能だったのではという気もしますが、こればっかりは今言ってもしょうがないですね。

さらにもう一つ、モード7のデモもあります。これはスーパーファミコンのゲーム(マリオカートなど)で、背景を変形・回転させて疑似3Dを実現していたものを、メガドライブ上で再現するというものです。さすがにハードウェアで処理するものには及びませんが、おそらくFPSを稼ぐために解像度を落としているのであって、高速で動いていればそれほど気にならないのではと思います。

さて、メガドライブが現役だったころは海外の事情を知る方法がありませんでした。むしろ一部の洋ゲーのせいであまりに文化が違うというイメージさえありました。しかし今、インターネットで世界中の情報にアクセスできるようになると、本当に面白いゲームは国境を超えて愛されているということがわかります。日本でメガドライブをプレイするのは寂しいものでした。どんなに楽しい思いをしても、周りにその体験を話せる人がいませんでしたからね。でも今は、同じように楽しんでいた人たちがたくさんいたことがわかり、一人じゃなかったんだなと思わされます。

この記事へのコメント

  • フマぺろ - 8日前

    メーガー!(セーガー!)
    と、不定期的に口ずさんじゃう系女子のフマぺろです。

    ね、いいですよね、メガドライブ。
    イイ意味でギラついた、攻めの作品がいっぱいあって。

    グローバルタイトルも、スゴくイイのですけど、
    PS4とか、頑張ってる国産タイトルもいっぱいあったし、
    私、この時代のメサイヤさんのタイトルとか、
    音楽も超イイ感じで、今でもよく遊んでいます。
    あ、ヴィクセン357のオープニングの
    チョッパーベースは、私の個人練習用楽曲です!

    なんて、ついつい熱くなっちゃったけれど、
    大丈夫!セガさん派は、ここにもいるぞー!

  • すけとうだら・いすみ - 7日前

    フマぺろさん、コメントありがとうございます。
    メガドライブはCPUが高速なので、デモ作者さんもやりがいがあるように見えます。こうして今でも忘れられずにいるのはうれしいことですね。