新しい環境

2018年05月25日(金) 18:45

最近、新しいPCを買いました。DELLで買った大して高くもないやつなのですが、ストレージがSSDになりました。そしたら諸々が早くてびっくりしました。電源を入れてデスクトップが表示されたら即快適に動くんですね。これがHDDならディスクアクセスが集中してモタモタしていたところです。

さて、ハードウェアが新しくなったので、ソフトウェアも見直したくなりました。一番大きいのはやはり音楽の制作環境です。昔はMIDIシーケンサのCherryを使っていて、いまはDominoを使っているのですが、そのDominoもすでに開発が終了していまして、今後に不安があります。今使っている音源はVSTiなので、DAWを使うことも検討しているのですが、昔使おうとしていたSONARがどうしてもうまくいかなくて、勇気がわかないのですよね。ピアノロールで打ち込みさえできればいいのですが、何かおすすめのものはございますでしょうか。

この記事へのコメント

  • nezy - 27日前

    いすみさん、こんにちは。
    初SSDは驚きますよね。まだラインナップが40,60,80Gくらいの頃に導入しましたが
    大きなアプリケーションのインストールでも無音で速い。
    「もう終わってますけど、なにか?」みたいなしれっとしたトコロが好きですね。
    以前はWestern DigitalのRaptor・・・10000rpmのHDDを愛用していました。
    書き込みの音がズゴゴゴゴッ!!と凄まじく、それが頼もしくもあり
    音のしないストレージなんて!と懐疑的ではありましたが
    SSDの、あまりにもクールな挙動に痺れました。PCは自作派です。

    さて、DAWの件ですが
    私がオススメしたいのはSONARなんです・・・。
    そういえばSONAR3を買った時は3ヶ月くらい音がでなかったなぁ。
    なんだかよくわからないうちに使えるようになりましたけど
    最初でつまづくと怖いですよね。
    でもなにかしらトラブルがあるのも覚悟しておいた方がいいかもしれません。
    私が無知なのか、運が悪いのか、トラブルには慣れてしまいました。(慣れるくらい起こる)
    が、なんとかなるものです。

    で、SONARの良い所はなんといってもピアノロールです。
    入力に関しては多ボタンマウスでWクリックボタンが設定できるといいかもしれません。
    ホントはクリック入力があればいいんですけどねー。
    ドラッグ入力は長いパッセージを入力するには遅くなるので
    発音部分だけ入力して後から長さを設定していくことが多いのです。
    これ・・・まるで聴音の試験みたいだなぁw

    あと範囲的な編集も楽なんじゃないかなぁと思いますよ。
    x系のSONARの強みなんじゃないかと。
    他と比較した話はできませんがSONARユーザーとしてお話ししてみました。

  • すけとうだら・いすみ - 27日前

    nezyさん、コメントありがとうございます。というよりとてもうれしいです。今までこういうことを相談できるとは思わなかったので、誰にも相手されなかったらどうしようと思っていました。
    前に自分がSONARを使おうとしていたのはだいぶ前のことで、その当時はハードウェアのMIDI音源を使おうとして音が出ないとうめいたような記憶があります。当時とは状況が違うので、今やったらすんなりいくかもしれません。そして、nezyさんがうまくいかなかったというお話を聞いて、やっぱり最初はつまづくものなのかと思い、勇気づけられました。まあこれも今すぐどうにかしなければいけない問題でもないので、おいおいやっていければと思っています。あとは財布と相談ですね。パソコンは買ってしまいましたし、ヘッドフォンも新調したいなんて思っていまして…

  • フマぺろ - 25日前

    こんなの↓をいまだに使ってる私は、話題に入っていけない。。。
    http://www.muzines.co.uk/articles/motu-performer/926

    あ、でも、一応画面はカラーだよ(そういう問題じゃなーい!)!

    私、モニタヘッドフォンは、ド定番のCD900STを使っているのですが、
    これ、圧が強すぎて、耳の周りが痛くなりません?私だけかな~。
    だから、同社のMDR7506のパッドだけ付け替えてるのですよね。
    7506は、900よりフカフカだから、痛くならないです
    (聴感上、若干アンビエンスになっちゃうけど)。

    私も古いMacとかMTRとか、ず~っと使い続けてるので、
    替えなきゃと思う反面、難しそうだなとか思っちゃって、
    今の手慣れた環境で、長い間過ごしています。。。ぐぬぬ。

  • すけとうだら・いすみ - 25日前

    クラシックMacですか!子供の時家にLC475があったので、漠然とMacはかっこいいなあと思っていた記憶がありますね。
    慣れて自分の手足のようになったものを変えるのはやはり難しいものですよね。だから新しいものにすることが必ずしもいいこととは言えなくて、難しい問題です。カラオケ用データの打ち込みの現場では相当古い環境が生き残っているといううわさは聞きますね。ただ、ハードウェアはいつか壊れてしまうものですし、ソフトウェアもいつまでもサポートされ続けるものではないので、その辺のリスクとどう向き合うかというところになってきます。
    MDR-CD900STはやっぱりどこを見ても定番と言われていますね。そしておっしゃるようにヘッドフォンは音だけじゃなくて付け心地も大切ですから、いろいろ考えてみようと思っています。

  • chihitek - 11日前

    「ピアノロールで打ち込みさえできればいいのですが」というところにピンときたのでコメントさせて頂きます。

    僕のオススメはFl Studioです。
    DominoやCherryを使われていたようでしたら、同時期に話題になったFruty loops というソフトに覚えがあったりするかもしれませんが、そのFruty loopsが進化したのがFl studioです。
    操作性はまさにピアノロールに特化した形で、打ち込んだフレーズをパターンという塊で管理してそれらを切ったり貼ったりしながら楽曲を作っていきます。
    一聴するとEDMとかクラブ系の楽曲の作り方に聞こえますが、普通の楽曲でも問題なく、むしろこの作り方を覚えると打ち込むのが物凄く高速化できます。

    僕も昨年の頭くらいに長年連れ添ったヤマハのXG Works STからFl studioに乗り換えたのですが、かなりスムーズに移行できました。
    難点を挙げるとしたら、途中で拍子が変わる変拍子のような特殊な楽曲はちょっと工夫しないと作りづらいですが、それ以外は特に困ることはありませんでした。

    又、他のDAWに比べて値段が安い(最低限の機能が付いたバージョンで二万円くらい)のも魅力的ですし、一度購入すると永続的に無料アップデートできるのもありがたいですね。
    フル機能の体験版が無料で使えますので、もしよろしければ試してみてください!

  • すけとうだら・いすみ - 11日前

    chihitekさん、コメントありがとうございます。
    Fl studioは使いこなせれば自分の作風自体が変わりそうな気もします。興味を持ったので試してみたいと思います。