• 364 閲覧数
  • 4 投票数
  • 3 お気に入り数

紹介文

 総当り形式のコマンド入力を廃し、のちのサウンドノベルの礎となったPC作品。2049年、飽和した人類の移住先として建てられた、軌道エレベータとスペースコロニー。主人公はそのオープンセレモニーに記者として赴くが…と、こんな導入部だけでワクワクできるSFファンの私。奇しくも、先日発表された大林組さんの同建設計画でも、2049年の供給開始とあって驚きました。宇宙は近いぞー!

 さて編曲は、小気味よいボサの「Memorial Glide」を、同じ南米から、哀愁帯びたリャキルナ風に仕上げてみました。地味にテクニカルなガットと、ちょっぴり個性派なソロを目指した、バイオリンが聴きどころかな。


おすすめ

  • 完成済 ファンタシースター 千年紀の終りに - PS1 Dungeon Arrange 1

    うっかり秋のメガドラ祭りとか言ってしまったのでもう一曲投稿します。昔のデータから使えそうなものを掘り出してきました。この曲は初代ファンタシースターの曲が「千年紀」でアレンジされたものですね。

  • 完成済 魔界村

     魔界村シリーズは、その難度のみが語られがちだけど、作を重ねるごとに遊びやすく、程よい刺激のアクションタイトルに成長していきましたよね。私が好みなのは、なんと言っても「大」です。派手なビジュアルの...

  • 完成済 MOTHER - Pollyanna(Instrumental Mix)

    バーチャルコンソール配信でテンションが上がってしまった結果。にしてはテンポはゆっくりですけどね・・・初代MOTHERより一人の時のフィールドBGMです。「MOTHER2」の実家のBGM(アレンジ違い)のフレーズも入れ...