• 438 閲覧数
  • 4 投票数
  • 3 お気に入り数

紹介文

 総当り形式のコマンド入力を廃し、のちのサウンドノベルの礎となったPC作品。2049年、飽和した人類の移住先として建てられた、軌道エレベータとスペースコロニー。主人公はそのオープンセレモニーに記者として赴くが…と、こんな導入部だけでワクワクできるSFファンの私。奇しくも、先日発表された大林組さんの同建設計画でも、2049年の供給開始とあって驚きました。宇宙は近いぞー!

 さて編曲は、小気味よいボサの「Memorial Glide」を、同じ南米から、哀愁帯びたリャキルナ風に仕上げてみました。地味にテクニカルなガットと、ちょっぴり個性派なソロを目指した、バイオリンが聴きどころかな。


おすすめ

  • 完成済 イース

     イースに限らず、ファルコムさんのサウンドは、昔から人気がありますよね。ヒーロー然としていて、伝わりやすいメロ。ゲームミュージックの王道!って感じです。ゲーム本編も、ツクリが本当に「丁寧」って言葉...

  • 完成済 ツインビーヤッホー!

     活動日記にて賜ったリクエストから、久しぶりにファミコン以外の作品も。95年のゲーセンから、ツインビーヤッホーです。ゲームセンターは、プリクラとUFOキャッチャーくらいしか遊んでこなかったけど、大人にな...

  • 完成済 ドラゴンクエスト2

     言わずと知れたビッグタイトル、悪霊の神々を取り上げてみます。シリーズ屈指の難度を誇る2作目、当時の最大の敵は他でもない、長すぎる復活の呪文だったとか。。。あ、長いと言えば、終盤の長大なダンジョン「...