• 661 閲覧数
  • 4 投票数
  • 4 お気に入り数

紹介文

 アーケード版、ステージ3のボス「みすず」の声が、瀧邦夫社長の「スケ」だったなど、社運を託しながらも自由な社風と作風を映した、ベルトスクロールアクションの開祖。左側への攻撃と、右側への攻撃とで、それぞれボタンがわかれているのが馴染めなくて、敵を目の前にしながらつい後ろ蹴りを出してしまう私なのでした。。。

 さて迷った末の編曲は、山手線?のメロを取り上げたくて、ファミコン版のステージ1をチョイス。久しぶりに金管を集めて、デルタブルース風に仕上げてみました。なめてんじゃねぇぞコノヤロウ、ダンカン馬鹿野郎!


おすすめ

  • 完成済 ふぁみこんむかし話 新鬼ヶ島【哀愁の鬼ヶ島】

    やらせなしのガチプレイです勢いで生(演奏)で一発(録り)やりましたNGさえも利用した無修正版になります一発録りということで、試しにスタジオ動画も録りました後日UPする予定ですちなみに、当初この楽曲はセピゲ...

  • 完成済 マリオペイント

     マリオペイントに触れたことで、いわゆる楽曲の「打ち込み」に目覚めた方もいらっしゃるそうですね。絵を、付属のマウスだけで描くのはスゴく大変だけど、サウンドモードは、音楽理論なんて何も知らなくても、...

  • 完成済 ライブ・ア・ライブ

     一見、オムニバス形式のRPGだけど、実はその仕組みさえも物語の一部という、衝撃のラストが待つSFC中期の佳作。各章にも隠し要素がたくさんあって、つい繰り返し遊んでしまう魅力がありますよね。SF編のキャラ...