ニンテンドウパワー

2018年04月14日(土) 16:37

まず初めにお詫びをさせてください。最近投稿できていなくてすみません!

さて今回は「ニンテンドウパワー」についてです。簡単に言うとスーパーファミコンでディスクシステムのようなことをしようとしたものなのですが、記憶媒体をフラッシュメモリにしたことで、専用カートリッジがあれば周辺機器がなくともゲームソフトの書き換えができるというものです。

このシステムは取り立てて成功したものではなかったかもしれませんが、自分にとっては数多くのゲームに出会えたので思い出深いものです。というのも、自分はSFCの全盛期にメガドライブで遊んでいたので、多くの作品をリアルタイムでプレイすることができていなかったのです。

思い出の一つとしては、当時ニンテンドウパワー専用ソフトとして登場した「トラキア776」に興味が出たのですが、その前にファイヤーエムブレムシリーズを知るために「紋章の謎」をプレイすることにしたのです。しかしこれが予想以上に手ごわいゲームで、泣きそうになりながらプレイしていた記憶があります。死んだ仲間を復活させられないので(ある意味当然のことと言えば当然なのですが、他のゲームをプレイし慣れているとそれが逆に珍しく思えてしまいました。)、ビクビクしながら進めなければいけなかったのがつらかったですね。

他にも記憶に残っているものはあるのですが、実は今、ニンテンドウパワーにまつわるタイトルの曲を作っているので、近いうちに投稿できると思います。お楽しみに。

この記事へのコメント