最近投稿できていなくてすみません。オリジナル曲を作るので手いっぱいでして…(Soundcloudにいろいろあります。)

さて、タイトルの通りシャイニング・フォースIIIについてです。見ての通りシャイニング・フォースシリーズのナンバリングタイトルで、シリーズの中でソニック→キャメロットの関わった最後の作品です。当時は大層面白いと思ってプレイしたものです。

発売時期がサターンの末期で、シナリオ3はドリームキャストの発売後になってしまったという事情があり、出来は良かったものの時機を逸したために評価されなかったゲームと言われることもあります。それは確かに同意できるものなのですが、それだけではなかったのではないかと最近は思っています。

まず当時からも批判されていたことなのですが、三部構成にしたために、シナリオ1の時点ではシナリオの全貌が分からなかったということです。特に顔出し程度の登場だったり名前しか出てこないキャラクターが大勢いたので、プレイヤーを混乱させてしまったのではないかと思います。(この問題は制作側も認識していたようで、シナリオ2では人名事典が利用できるようになりました。)

そもそも、三部構成にしたのはシナリオがかなり大規模なものだったからでしょう。それまでシンプルさを売りにしていた同シリーズにおいて、そこまで重厚長大型のシナリオを構築する必要性があったのかどうかは意見の分かれるところだと思います。

この記事へのコメント