• 799 閲覧数
  • 4 投票数
  • 4 お気に入り数

紹介文

 アーケード版、ステージ3のボス「みすず」の声が、瀧邦夫社長の「スケ」だったなど、社運を託しながらも自由な社風と作風を映した、ベルトスクロールアクションの開祖。左側への攻撃と、右側への攻撃とで、それぞれボタンがわかれているのが馴染めなくて、敵を目の前にしながらつい後ろ蹴りを出してしまう私なのでした。。。

 さて迷った末の編曲は、山手線?のメロを取り上げたくて、ファミコン版のステージ1をチョイス。久しぶりに金管を集めて、デルタブルース風に仕上げてみました。なめてんじゃねぇぞコノヤロウ、ダンカン馬鹿野郎!


おすすめ

  • 完成済 ミネルバトンサーガ

     ファミコン中期の隠れた秀作、ミネルバトンサーガ。サクサクした戦闘や、傭兵システムなど、当時のRPGとしては個性的で時代を先取りしていたタイトルです。実はSFC初期作品「ガデュリン」とは、世界観が繋がっ...

  • 完成済 ライブ・ア・ライブ

     一見、オムニバス形式のRPGだけど、実はその仕組みさえも物語の一部という、衝撃のラストが待つSFC中期の佳作。各章にも隠し要素がたくさんあって、つい繰り返し遊んでしまう魅力がありますよね。SF編のキャラ...

  • 完成済 ランドストーカー

     いかにも手の届かなそうな場所に、挑発的な態度で鎮座する宝箱。高度な閃きと、高度なアクションが要求される、メガドラ発の名作ARPG。「とんでもなく難しいゲームを買っちゃったような…」と、震えるに十分なオ...